立憲民主党代表選 決選投票までもつれ込む大接戦枝野氏の後任、新代表は泉健太氏

国会議事堂

こんにちは。

今日で11月も終わりです。2021年も後1ヶ月になりました。

今日11月30日は立憲民主党の代表選が行われました。

枝野幸男代表の辞任に伴って行われ、4氏が立候補していました。

立憲民主党代表選候補者まとめ 現在の候補者は4氏 枝野氏の後継者は誰になる?

立憲民主党の代表選についてみていこうと思います。

立憲民主党代表選 行われるまで

https://webronza.asahi.com/politics/articles/2019062200004.html

今回の代表選は、枝野幸男代表の辞任に伴って行われました。

枝野氏は第49回衆議院議委員総選挙での責任を取り、11月12日に代表辞任が正式に了承されていました。

代表選は、11月19日告示、11月30日投開票という日程で行われ、野党連携のあり方を中心に論争が繰り広げられました。

多くの報道会社が決選投票を予想していましたが、結果はどうだったのでしょうか。

11月30日投開票 代表選の結果

https://mainichi.jp/articles/20211119/k00/00m/010/009000c

運命の11月30日。立憲民主党が生まれ変わるチャンスの日。投開票が東京都内のホテルで行われました。

過半数である287ポイントを獲得した人物が新代表になります。(合計572ポイント)

1回目の投票結果は下記の通り。

泉 健太氏 189ポイント

逢坂 誠二氏 148ポイント

小川 淳也氏 133ポイント

西村 智奈美氏 102ポイント

1回目の投票で過半数に満たした人物はいませんでした。そのため、決選投票が行われます。

決選投票は泉氏と逢坂氏の上位2候補で行われ、結果は以下の通り。(合計333ポイント)

泉 健太氏 205ポイント

逢坂 誠二氏 128ポイント

泉氏が逢坂氏を破り、新代表に選出されました。

新代表は泉健太氏 決選投票を勝ち抜く

https://www.asahi.com/articles/ASPCY7KRMPCYULEI002.html

新代表に選出された泉健太氏。47歳の若さで野党第1党の党首に就いた。

泉氏は昨年の9月に行われた、立憲民主党の代表選で枝野氏に敗れている。今回は2回目の立候補で見事に勝利。

旧国民民主党では政調会長を務め、現在も立憲民主党の政調会長を務めています。

大学卒業後から福山哲郎氏の秘書を務め、日本の国政に長く携わってきました。

自民党一強時代の中、日本の政治に新しい風を吹かせることができるのか。今までの経験と、若さに期待です。

まずは、来年の参議院議員通常選挙。この選挙が初戦になります。

泉新代表就任で立憲民主党がどう変わるのか、選挙までに期間どう戦うのか注目です。

まとめ

今日は11月30日に行われた立憲民主党代表選についてまとめました。

新代表に選ばれたのは泉健太氏。これから、党内の調整に入ると思われます。

来年には参院選が行われます。野党共闘の見直しや、選挙公約の見直しなど課題は山積みです。

泉新代表のもと、立憲民主党がどのような動きをし、どのように変わっていくかは日本国民が注目しています。

代表が代わった立憲民主党は、これから大きな転換点を迎えようとしています。

過去には自民党の総裁選記事も書いています。

自民党総裁選は決選投票に!決選投票の末、岸田文雄新総裁誕生!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。