【総まとめ】2022年冬季北京オリンピック終了 オリンピックの記事まとめ

まとめ

2022年2月20日、北京冬季オリンピックが閉幕しました。閉会式の演出、素晴らしかったです。

2月4日から始まった大会の中では様々なドラマ、激闘、感動が生まれました。また、新たなスターや若手の選手が誕生しました。

日本勢は過去最多の18個のメダルを獲得しています。(金3個、銀6個、銅9個)

夏・冬の両大会を開催した中国の首都・北京。開幕前は様々な問題がありましたが、無事終わることができました。

今日は2022年北京冬季オリンピックの記事を見ていきましょう!

参考・出典先→2022年北京冬季オリンピックHP

開幕前 アメリカを中心とする各国の「外交的ボイコット」

北京冬季オリンピックの開幕前、アメリカを中心に各国が政府要人を送らない「外交的ボイコット」を発表しました。

各国の「外交的ボイコット」の理由は中国の人権侵害問題でした。

「外交的ボイコット」を発表した国一覧はこちら↓

  • アメリカ
  • イギリス
  • オーストラリア
  • リトアニア
  • カナダ
  • エストニア
  • インド

欧米諸国の他にインドやオーストラリアなどが参加しました。

ニュージーランドは新型コロナウイルス感染拡大を理由に、政府要人を送っていません。

日本は「外交的ボイコット」の表明を避けましたが、政府関係者の派遣を見送っています。

「外交的ボイコット」関連記事はこちら

過去オリンピックで起きたボイコットまとめ

アメリカ「外交的ボイコット」発表

イギリス「外交的ボイコット」発表

カナダ「外交的ボイコット」発表

リトアニア「外交的ボイコット」発表

開幕 世界から高評価の開会式

引用:https://www.gorin.jp/video/6295446606001/

各国が「外交的ボイコット」を発表する中、北京冬季オリンピックは開幕しました。

開会式は2022年2月4日午後8時(中国標準時)から行われ、91カ国・2871人の選手が行進しました。

開会式の舞台になったのは、2008年北京夏季オリンピックでも使われた北京国家体育場(通称・鳥の巣)です。

開会式では、漢字での国名表記も見ることができ、1文字目の画数の少なさで行進の順番が決まってます。

「すごい字書くな…」と思う国も多くありました。

トーチがそのまま聖火になるという演出で、各国のプラカードの中心にトーチを設置して点火しました。

この演出には各国の人たちも驚いたことでしょう。

2022年北京冬季オリンピック関連記事

2022年北京冬季オリンピック概要

北京冬季オリンピック、主要参加国の漢字表記10選

北京冬季オリンピック、すごい漢字表記の国8選

閉幕 無事終了 次の開催地はイタリア

コロッセオ(イタリア)

開会式が行われた北京国家体育場(通称・鳥の巣)で2022年2月20日、閉会式が行われました。

各国の旗手が入場したあとに、選手たちが一斉に入場しました。

閉会式では、次の開催都市にオリンピックの旗を引き渡すセレモニーが行われます。

次の開催都市はイタリアのミラノとコルティナダンペッツォです。

オリンピックの旗は北京市長からバッハIOC(国際オリンピック委員会)会長へ、そしてミラノとコルティナダンペッツォのトップに渡されました。

17日間に及んだ2022年北京冬季オリンピックが終わりました。

しかし、まだ北京での戦いは終わりません。2022年3月4日からは北京冬季パラリンピックが開幕します。

まだまだ北京から目が話せません!!

パラリンピック関連記事

まだまだ熱い戦いは終わらない!パラリンピック

まとめ

今日は閉幕した2022年北京冬季オリンピックについてまとめました。

今大会は諸外国からの評価が高かった気がします。

特に開会式の評価が高く、各国の国名が記載されたプラカードを結晶の形にし、真ん中にトーチを設置した演出は素晴らしかったです。

2020年東京夏季オリンピックの開会式と比較されていますが、各国の総力を上げての開会式なので優劣はないと思います。

この大会を開催するには多くのスタッフの支えがあってこそです。

多くの感動を見せてくれた選手、大会を支え運営してくれた多くのスタッフに感謝します。

ありがとうございました。謝謝。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。